トップ 店舗情報 又兵衛のこだわり ショッピング お問い合わせ
又兵衛のこだわり
宇治茶独自の香り(覆い香)と爽やかでコクのある味を皆様に知っていただきたいと思っております。季節により色々な種類のお茶を紹介していきます。抹茶・玉露・煎茶はもとより、かぶせ・雁ヶ音・ほうじ茶の京都の自茶園、工場で栽培生産してる抹茶の原料「碾茶」もご紹介していきます。ご期待ください。

宇治茶の紹介

京都府南部に位置する宇治市とそれを取り囲む町々で、豊かな自然にはぐくまれ生産されるのが
日本茶の高級ブランド「宇治茶」です。
又兵衛 “MATABAY”の「宇治茶」は日本国内はもとより、海外でも好評をいただいております。
抹茶をはじめ玉露・煎茶・かぶせ・雁ケ音・ほうじ茶など京都府産宇治茶に拘っています。
自茶園、碾茶工場で栽培生産している抹茶の原料「碾茶」をはじめ、季節により色々なお茶を、
ご紹介させていただきます。

オリジナルパッケージ

又兵衛では、お茶鑑定士が査定した★印3~6のランクをラベルに表示させて販売しております。

京都山城地方っで高級宇治茶の栽培を始めてから126年の月日が経ち、今では世界で多くの人々に好評いただいております。

味わい深い又兵衛のブランド茶をご堪能ください。

お茶の入れ方

ほうじ茶

玉露

煎茶

お茶の保存方法

お茶は乾燥しているので大きく変化しないと思われていますが、実は変質しやすく、
保存方法を誤ると急激に劣化します。
お茶の変質、劣化の原因は、湿度・酸素・温度(高温)・移り香が上げられます。
少し注意して保存していただけると、美味しくお茶を飲んでいただけます。

保存方法(開封前)

開封していないお茶は、冷蔵庫、冷凍庫で保存すると良いでしょう。
ただし、冷蔵庫から出したお茶は、常温(約半日)に戻してから、開封してお飲み下さい。
いきなり開封すると袋(缶)の中と外気の温度差が有り、一気に湿気を吸ってしまい、
鮮度を損ないます。

保存方法(開封後)

開封後は、密封性・遮光性のある容器(缶など)で保存してください。
開封後の冷蔵庫での保存は、冷蔵庫の中の臭いをお茶が吸収したり、出し入れの度に
湿気を含んでしまうので避けましょう。
”お茶屋の勝手を言わせていただけるなら、開封後は、なるべく早く飲みましょう!”

急須(きゅうす)について

茶葉が泳ぐスペースの有る急須を選びましょう。
茶葉がしっかりと開かないと、良質の茶葉を使っても、美味しくお茶を淹れる事ができません。

○湯のみの大きさによって急須のサイズは変わりますが急須サイズの目安にしてください。
1人~2人   100ml~200ml
2人~3人    200ml~340ml
3人~4人   340ml~480ml
4人~5人   480ml~600ml
5人以上    600ml
宇治茶
宇治茶
横浜又兵衛シリーズ
ギフト
お菓子・茶器
ご注文用FAXシート
〒240-0003
神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-7-2
TEL:045-453-8975
FAX:045-489-3432
詳しくはこちら
海外WEB
Tea of Japan
リンク
みんなのナビ

PAGE TOP